このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

TSKアルミブレース耐震補強工法

TSKアルミブレース耐震補強工法は、 アルミ合金製ブレースを既存RC建築物に
外付けする耐震補強工法です。
アルミブレースの面内せん断耐力と剛性により、
既存建築物の耐震性能の向上を図ることを目的としています。

RC架構に外付けする方法は、
①アルミ製枠を介して接合(枠付タイプ)
②PC鋼棒で圧着(圧着タイプ) の2種類があります。
本工法は、2013年9月に(一財)ベターリビングにおいて
一般評定を取得しています(評定 CBL RC005-12号)。

なお、アルミブレースによる既存RC建物の耐震補強は、
これまで約200件、2000構面以上の施工実績があります。

  • 圧着タイプ外観
  • 枠付タイプ外観

お知らせ